噴射孔

    火災について

    現在は火災が発生した時のためにさまざまな対策を器械が自動で行うことができるようになっています。その中でもスプリ...

    Readmore
    配管など

    制度について

    最近では、医療施設などにもスプリンクラーを設置する必要があるので、コストがかかり大変です。しかし、万が一の時に...

    Readmore
    配管

    小規模な場所でも

    スプリンクラーの設備は場所に合わせてさまざまな種類があります。一般的に小規模な場所で利用されることになるのは、...

    Readmore

火災について

噴射孔

現在は火災が発生した時のためにさまざまな対策を器械が自動で行うことができるようになっています。
その中でもスプリンクラーや警報装置は有名です。
そこで、今回はこのような設備について紹介します。

最新の火災報知機は自動で煙を探知して、受信機に火災だと知らせることができます。
なので、すぐに消防庁にも連絡が行き、対処をしてくれることになります。
連絡をするだけが火災報知機の役割ではなく、そこに残っている人に知らせるために警報を発することになります。
警報の種類にもさまざまなものが存在しており、種類によって、どんな警報を発するのかは違います。

火災が発生した時には、煙や炎が上がることになり、それを感知して知らせる役割をする器械が存在します。
それを感知器といい、 READ MORE

小規模な場所でも

配管

スプリンクラーの設備は場所に合わせてさまざまな種類があります。
一般的に小規模な場所で利用されることになるのは、温式スプリンクラーになります。

これは、配管の中に水を溜めておくことによって、火災が起きた時にすぐに対応することができるタイプのスプリンクラーになります。
その仕組となるのは、スプリンクラーのヘッドが温度を感知するのではなく、熱によって、ヘッドを溶かした時に、そこから水が出るという仕組みになります。

注意することは配管 READ MORE

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク